儲ける!株式投資、要点の要点
株式投資の基本から応用まで、安全に資金を2倍に殖やせる必勝ノウハウ
プロフィール

suzuki

Author:suzuki
今の投資結果で満足ですか?
もっと上を目指しませんか!
このレポートを読まずに株式投資はしてはいけません!
株投資での稼ぎ方教えます。
「無料レポート」配部中


<br />人気ビジネス・経済BLOG





にほんブログ村 株ブログへ

FC2 Blog Ranking

過去の記事(旧ブログ)はこちら。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急騰銘柄の条件を把握しておこう!
個人が効率よく短期に大きな利益を出すには、比較的株価変動率の大きい銘柄の急騰場面・
急騰ポイントを把握して飛び乗りではなく、買って直ぐに上がる時点で仕込むことが出来なければなりません。
そんな、上手いことが出来るのでしょうか?できます・・・。

一口に「急騰銘柄」を探すといってもそう簡単ではありませんが、その方法は確実に存在します。
そのためには、銘柄分析を怠ってはいけません。
銘柄の分析法には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析がありますが、
ファンダメンタルズ分析で将来性・業績等が良く全く問題のない銘柄を貴方が買ったとして、
その銘柄が急騰するとは限りません。

その様な銘柄は、案外底値を這って上がってくるのに時間が掛かったりします。
貴方が、長期「バリュー株」狙いでしたら、それも良いでしょうが、
「短期急騰銘柄」の発掘をしたい場合には、全く意味がありません。

そこで、貴方に提案ですが、ファンダメンタルズ分析は
「不安な要素のない企業」かどうかを認識する程度で、
テクニカル分析で過去に急騰した銘柄の急騰場面でどのような条件の時に、
大きく値を飛ばしたのかを帰納的に検証してみては如何でしょうか。
それも、条件が多ければ多いほど銘柄選定が煩雑になりますので、
出来る限り条件は5つ以下に押えるべきです。


それでは、「急騰する」銘柄の性質を述べておきます。
(1)長期に渡って大相場がなかった銘柄(上値のシコリがないこと)
(2)小型株(発行済み株式総数が6,000万株以下)であること。
(3)ある一定期間の株価移動平均線を上回ってきた銘柄。
(4)テクニカル分析(RSI、VR、RCI、ストキャスティクス 等)の上昇指標が示現。
(5)出来高が増加してきている銘柄。

以上の条件をすべて満たす銘柄です。

具体的には、企業秘密ですのでここで申し上げる訳にはまいりません。研究してみてください。

--------------------------

今すぐ結果を出したい投資家のあなたへ
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレ分析表作成マニュアル

まずは、こちらをお読み下さい。
「無料レポート」配部中

スポンサーサイト

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ace7.blog35.fc2.com/tb.php/43-1f354b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無料レポートをピックアップしてご紹介しています。

当サイトでは、無料レポートに関してのコメント、トラックバックを受け付けています。ご自分の無料リポートのご紹介・こんなレポート読みました・・・・etcドンドンお待ちしております。このトラックバックに失礼がありました際は削除をお願いします。 無料レポート データーベース【2006/12/08 19:26】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。