儲ける!株式投資、要点の要点
株式投資の基本から応用まで、安全に資金を2倍に殖やせる必勝ノウハウ
プロフィール

suzuki

Author:suzuki
今の投資結果で満足ですか?
もっと上を目指しませんか!
このレポートを読まずに株式投資はしてはいけません!
株投資での稼ぎ方教えます。
「無料レポート」配部中


<br />人気ビジネス・経済BLOG





にほんブログ村 株ブログへ

FC2 Blog Ranking

過去の記事(旧ブログ)はこちら。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国証券の寄付前の注文状況は買い越しも日経平均反落!
連日のごとくニューヨーク株式市場は新値更新となっていますが、日経平均は地政学的安全保障の不透明性、昨日発表の8月機械受注の予想外の悪化、商品市況の軟化など様々なマイナス要因が買い意欲をそいでいる格好です。
この日、寄付きでは、ニューヨークの連日新値更新を好感した買いが入り一時は100円以上高くなる場面もありましたが、16600円に近づくと利食い売りの売り物に押され上記の心配材料も手伝って76.68円安でひけました。
ニューヨーク市場は11月の中間選挙という、上げなければならない事情がありますが、反対に東京市場は、北朝鮮が二回目の核実験の可能性もあり買いにくい状態にあります。
円安が、輸出関連株を物色する流れが続きましたが、有事の円安という含みも無いわけではありません。
本来円安の場合は、欧米・諸外国の景気拡大が日本のそれより加速している状況のばあいは、円安メリットによって日本の輸出関連株が買われる流れとなります。
しかしながら、世界経済が不況の中、相対的に日本経済も不況で円安の場合、はうられます。今回の円安は、上記のごとくアメリカの式が買われていること。並びに、北朝鮮の核実験のリスクが不透明なことから円資金がユーロとドルにシフトしていることです。
したがって、大きく輸出関連株が買い上げられるのは、ある一定の時点(安全保障上の許容範囲)までで、軍事オプションが現実的なこととなれば、朝鮮戦争の特需で潤った時とは反対に売られる可能性が大きくなります。
それは、空から大魔王が降ってくるリスクが朝鮮戦争当時よりも大きいからです。
平和に越したことはないですね!
---------------------
株の稼ぎ方教えます。
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレ分析表作成マニュアル

スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ace7.blog35.fc2.com/tb.php/5-871f1213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。